Read Article

アドレスV125Sのサイドスタンドスイッチを無効化する2つの方法

アドレスV125Sのサイドスタンドスイッチを無効化する2つの方法

わたしは、バイク2台持ちの日常用としてアドレスV125Sを使用しています。

アドレスV125 のサイドスタンド

アドレスV125Sには、標準でサイドスタンドが付いています。
125ccクラスでサイドスタンドがついているのはなかなかの高評価です。

サイドスタンドスイッチが邪魔

サイドスタンドは便利で良いのですが、サイドスタンドを立てるとエンジンが停止するような安全スイッチが邪魔です。

初心者が、サイドスタンドを立てたまま発進したら危険であるとの配慮だと思いますが、こいつが、実に余計なお世話で邪魔で仕方がない。

例えば、はがきを出そうと思って、郵便ポストの横にちょっと止めてサイドスタンドを立てると、エンジンが停まってしまいます。
下駄代わりであることを考えると実にメンドクサイ。

そこで、サイドスタンドスイッチを解除することにしました。

サイドスタンドスイッチの構成

アドレスV125Sのサイドスタンドスイッチの構成は下図のようになっています。

バイク本体からケーブルで繋いだコネクタがあり、このコネクタにスイッチユニットが接続されています。
スイッチユニットは、こんな部品です。

先端のスイッチがサイドスタンドの動きと連動しており、サイドスタンドを立てるとスイッチがOFFになります。

取り外したスイッチユニットがこれです。指で押し込んだ状態がONで「エンジン稼働」、飛び出した状態がOFFで「エンジン停止」です。

つまり、サイドスタンドを立てるとスイッチ棒が押し込まれ、サイドスタンドをたたむとスイッチ棒が飛び出す仕組みになっています。



サイドスイッチ無効化の方法は2つある

スイッチをONのまま固める方法

基本的な考え方

スイッチがONの状態で固定するように、スイッチ部分をグルグル巻きにして動かないようにすれば、サイドスタンドを立ててもエンジンは停止しません。

図示すれば、こんな考え方です。

原始人が考えそうな、超初歩的なやり方ですね。

バカなりに実行した結果がこれ。スイッチを押し込んだ状態のままで、ダイソーから買ってきた結束バンドで、がんじがらめに押さえつけました。

どうして、1本で済ませずこんな状態になったかというと、結束バンドが滑ってずれて外れてしまうんです。
だから、外れないように横方向からも縛って、それがずれないように、さらに縦方向も縛ってとやっていたらこうなりました。

かなりしっかり固定されているので、大丈夫です。

念のために、ビニルテープでぐるぐる巻きにして、動かないようにしました。
バイクに取り付ける前にこの状態でエンジン始動テストをしたら、見事にエンジンが掛かりました。
このまま、元の状態に取り付ければ完了です。

実際の作業はどこからどうやって外すのか

まずアドレスV125Sの左側のサイドカバー緩めます。
完全に外すのは面倒なので、カバーを反らせて隙間を作ります。

サイドカバーを広げるためにネジを1本外す。

カバーを反らせて隙間を作ると、スイッチを固定している2本のボルトが見えます。
このネジ(ボルト)を緩めて外すと、スイッチがとれます。

隙間から、ソケットレンチを差し込むと作業が早く済みます。

2本のボルトを外して取り出したスイッチがこれ。

元の位置に取り付けるはずが

取り外したスイッチを先に説明したようにビニルテープでグルグル巻きにしました。

さて、元の位置に取り付けます。

ところが、結束バンドとビニルテープでぐるぐる巻きにしたスイッチが、デブになったので、元居た場所に収まらなくなってしまったのです。

何回も試したのですが、サイズが大きくなってしまったので、どうしても物理的に元の場所には入りませんからあきらめました。

結局、2つのネジ穴の片方だけを使って、固定しました。
その結果がこの写真です。

緑色のビニルテープがみっともなくはみ出していますが、サイドカバーをセットすれば外から見えないし、機能的には問題がないので、一応これで完成としました。

 

 

スイッチ自体を回路から撤去する方法

上の作業で、サイドスタンドを立ててもエンジンは停止せず、希望通りの動作をするようになったのですが、どうも釈然としません。

回路構成図を眺めながら考えてみました。

原始人的な思考から脱却して、現代人として電気の機能を考えれば、スイッチユニットのラインをカットしてショートさせれば済むことに気がついたのです。

作業が終わってから、よくよく調べてみると、スイッチユニットと互換性がある純正のショートパーツがあるのです。

このパーツを使えば、みっともないグルグル巻をしなくても、コネクタ部分からスイッチユニットを外して、ショートパーツと交換すれば済むことです。

それに気がついたのは作業が全部終わって、元の鞘に収まらなくなってからでした。

純正部品でこのようなパーツがあるということは、この手の要望がたくさんあるということなのでしょうね。

早速、楽天でパーツを注文したら、翌日に届きました。
350円(送料別)ほどでした。
>>楽天でパーツを探す<<

実際の作業は10分で終了

届いたパーツはこれです。
スズキ純正部品って書いてあります。

右側のサイドカバーのネジを外して、隙間を広げます。

フロアのウラ側に、緑色のコネクタが見えます。

スイッチユニットのコネクタを外します。

代わりに、ショートパーツを差し込みます。

この結果、下のような回路構成が完成しました。

エンジン始動テストをしたら、サイドスタンドを立てた状態でも問題なくエンジンが掛かりました。

サイドカバーを元通り閉めて終了です。
この間、わずかに10分位でした。

 

最後に

邪魔なスイッチを無効化したので、街乗りが実に快適になりました。

郵便ポストも、自販機も、エンジン停止を記にせず使うことが出来ます。

改造方法について振り返ると、最初から、純正部品のショートパーツを使えば、わずか10分の作業で終わったのですが、原始人的発想で、スイッチをグルグル巻にしたので、余計な時間がかかってしまいました。

しかも、ショートパーツ取り付け後に、みっともないグルグル巻を解いて元の状態に戻してスイッチを付け直したので倍の時間がかかりました。バカみたいです。

重要な注意事項

サイドスタンドを出したままでは危険

サイドスタンドの安全装置を解除したので、サイドスタンドを出したまま発車することが出来てしまいます。
転倒のリスクがあるので、運転には十分に注意してください。

これによって、事故を起こしたり怪我をしたとしても、管理人もメーカー(スズキ)でも一切責任を負いません。
いわゆる、自己責任のもとに実施してください。

メーカー保証がなくなります

自己改造なのでメーカー保証が無くなる可能性がありますので、新車から2年以内で保証期間中の方はやめた方が良いでしょう。

純正パーツを使っていれば大丈夫なのかもしれませんが、販売店とよく相談してください。

 

>>
バイクの種類!総合まとめのページ

 



URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

Return Top