Read Article

CBR650Rの最高速度は!CBR650RとCB650Rとの違いは

CBR650Rの最高速度は!CBR650RとCB650Rとの違いは

CBR650Rの最高速度は!

下の方に解説の写真と動画をを入れていますが、CBR650Rの公道でのトップスピードは、時速230kmと言う記録がありました

全く同じ駆動系(エンジンもミッションも)ですが、カウルがないCB650Rではこうは行かないでしょうね。

ミッドサイズ(650cc)が注目されています

過剰なパワーを持て余し気味のリッターバイクの流行が一段落して、ミッドサイズの650クラスが見直されています。

現在、国内4メーカーでは下記の10機種を生産、販売をしています。

  • ホンダ:CB650R、CBR650R
  • ヤマハ:MT-07、XSR700
  • スズキ:SV650(X)、V-Strom650(XT)
  • カワサキ:Ninja ZX-6R、Ninja 650、Z 650、VALCAN S

免許制度や車検制度の縛りが関係ないので、パワーを求めるならリッターバイクに乗ればよいし、コンパクトな実用性なら250ccクラスを選べばよいのです。

全く自由な条件で、過剰なパワーを要求しないミッドサイズなので、落ち着いたツインが多いですね。

シングルも出来ないわけじゃないけど、振動が大きすぎるので、実用性を捨てて趣味に走るユーザーがどれほどいるかを考えると、メーカーとしてもなかなか手をつけられないのでしょう。

明らかにマーケットサイズは小さいです。

そんな650マーケットの中で、カワサキのNinja ZX-6Rが126psと若干ぶっ飛んでいるのを除外すれば、異色なのがホンダのCB650FとCBR650Rです。

ハイパワーの源とも言えるインライン4エンジンを実装して2機種販売しています。

ホンダCBR650RとCB650R

ホンダCBR650RとCB650Rですが、『R』が1文字ついいるかいないかだけで、区別がつきにくいですね。

CBR650Rがこれ。いかにもスーパースポーツ然としたフルカウルをまとっています。

もう一つのCB650Rがこれ。いかにもニューネイキッドって感じですね。

CB650RとCBR650Rの違い

実は、エンジンをはじめとして、フレーム、タイヤ、変速機、ブレーキシステムまで、本体部分は全く共通なのです。

違いは、と言うと、ハンドルと外装のカウリングだけなのです。
要するに、同じバイクに、ネイキッドとスーパースポーツの設定をした2台のバイクと言う訳です。

普通のバイク(CB650R)にカウルをつけてハンドル位置を下げたのがCBR650Rなのです。

実際にCBR650Rのスペック表CB650Rのスペック表の全項目を比較してみたところ、主要諸元と環境仕様を合わせても次の5項目以外は、駆動系に関してもフレームに関しても全く同じでした。

違っていたのは、全幅、全高、地上最低高、車両重量、最小回転半径の5項目だけです。

外観図を比べてみましょう

側面図

カウリングがついたことによってCBR650Rの地上最低高が150mmから130mmに低くなります。

ハンドル位置が低いので、ミラーの位置も違いますね。

平面図

全幅はハンドル幅で決まりますが、CBR650Rのハンドル幅が狭いです。

また、ミラーの位置がずいぶん前であることが分かります。

正面図

丸目ヘッドライトと、吊目の2眼なので、全く印象が違いますね。

スクリーンの分だけCBR650Rの全高が高くなっています。
全高にミラーは含めないようですね。

アニメgifで比べてみましょう

外観写真の比較


エンジンはもちろん、マフラーもステップ位置も同じです。
フロントフォークの位置もキャスターも同じで、変化しているのは、ハンドルとミラーの位置です。

ライディングポジション

図で見ると僅かな違いのように見えますが、CBR650Rでは、かなり前傾姿勢がきつくなっています。

リターンライダーのおじさんたちにとっては、お腹が辛いでしょうね。

これだけ前傾姿勢が違えば、運転感覚は相当違います。
リターンライダーのおじさんたちは、こんなバイクを選ばずに、静かにおとなしく走りましょう。

自分で思っているよりも身体能力は衰えているものです。
実際に試してみて、だめだったときのダメージは命を賭けた実験になってしまいますから、くれぐれもご用心を。

CBR650Rのトップスピードは

300km/hrを超えるハヤブサやカワサキ H2Rには到底及ばないでしょうが、これだけのカウルを装備したらどのくらいスピードが出るのか気になりますよね。

探してみたら、CBR650Rが公道で230km/hrで走ったとの記録動画がありました。
日本仕様車とは若干違うかもしれませんが、基本的なエンジンユニットは共通だと思います。

メーターが読める証拠写真がこれですが、時速228キロを指しています。
(明らかに公道です)

このあと、9分10秒辺りで『§〆♯ 230 ‡~¶‖♮Top Speed ¶§〆‖』とテロップが入ります。
だけど、アラビア語のような文字なのでよくわかりませんが、230 Top Speedだけは読み取れます。

しかし、トラックのような一般車両が走っている公道で、こんな走り方が許されているのでしょうかねぇ。

日本を走る皆さんは、安全運転でお願いしますよ。

まとめ

CBR650RとCB650Rは、駆動系(エンジンとミッション)、フレーム、タイヤなど基本的には全く同じバイクです。

違いは、ハンドル位置とカウルの有無です。
(付随的にミラーの位置は変わります)

ミッドサイズとしては、珍しい並列4気筒エンジンを採用しています。

管理人の個人的な主観ですが、ミッドサイズに並列4気筒は合わないんじゃないかな。

400ccは免許制度の境目なので、400ccでよりハイパワーを求める願望があるのは理解できます。
しかし400ccを超えてしまえば車検や免許証の規制がないのだから、ハイパワーを求めるなら、リッターバイクに乗ればいいと思います。

そもそも、日本の公道(高速道路を含めて)を走行するのに、100psに近いハイパワーは必要ないと思うのですが、年寄りのたわごとでしょうか。

ま、実用的なバイクと言えば250ccで間に合ってしまうのですがね。
趣味と言うか、道楽の世界だから、人それぞれ、勝手気ままで良いのでしょう。



Return Top