Read Article

650ccバイクの比較ランキング一覧表(2019年4月現在)

650ccバイクの比較ランキング一覧表(2019年4月現在)

扱いやすい重量感と、十分なエンジンパワーを兼ね備えたミッドサイズバイクとして人気が出て来ているのが、ロクゴーとかロクハンとも呼ばれることがある650ccクラスのバイクです。

650ccバイクの比較ランキング一覧表(2019年4月現在)

細かなバージョン分けを一括りにまとめてしまうと、現在生産されている国内バイクメーカーの650ccクラスは、次の10機種です。
(ヤマハは688ccですが、650の仲間に入れてしまいました。)

  • ホンダ:CB650R、CBR650R
  • ヤマハ:MT-07、XSR700
  • スズキ:SV650(X)、V-Strom650(XT)
  • カワサキ:Ninja ZX-6R、Ninja 650、Z 650、VALCAN S

カテゴリーごとに分けると次のようなイメージでしょうか。
ニューネイキッドとネイキッドの違いは、丸目ヘッドライトかどうか、先進的なデザインかどうかです。
(分類は、管理人の主観であり、普遍的な分類とは言えないかもしれません)

  • アメリカン
    VULCAN S
  • アドベンチャーツアラー
    Vストローム650(XT)
  • スーパースポーツ
    Ninja ZX-6RCBR650R
  • ロードスポーツ
    Ninja 650
  • ニュー・ネイキッド
    MT-07Z650
  • ネイキッド
    SV650(X)XSR700CB650Rこれらのバイクを、いろいろな項目ごとにランキング表を作ってみましょう。

価格のランキング

順位価格車種名
174~78万円SV650
278万円MT-07
379万円Z650
481~83万円Ninja 650
583~84万円VULCAN S
690万円XSR700
790~95万円Vストローム650
896万円CB650R
9104万円CBR650R
10133万円Ninja ZX-6R

価格の差は、エンジン仕様によるとところが大きいので、次のランキングの最大出力に比例する傾向があります。

バイクは趣味性が強い乗り物なので、価格だけで選ぶ人は少ないと思いますが、『無い袖は振れぬ』とも言いますので、やはり価格は無視できませんね。

ネイキッドバイクであれば、スズキSV650がおススメです。
ただ、90度Vツインエンジンなので、好みが分かれるところですね。
管理人としては、コンパクトだし、下に示すようにエンジン出力も4位と高いし、とても乗りやすいので圧倒的におススメです。

最高出力のランキング

順位最高出力車種名エンジン型式
1126ps/13,500rpmNinja ZX-6R並列4気筒
295ps/12,000rpmCBR650R並列4気筒
CB650R
476ps/8,500rpmSV650V型2気筒
573ps/9,000rpmXSR700並列2気筒
MT-07
769ps/8,800rpmVストローム650V型2気筒
868ps/8,000rpmNinja 650並列2気筒
Z650
1061ps/7,500rpmVULCAN S並列2気筒

管理人の若い頃からの感覚では、100psと言えば超スーパーバイクのイメージです。

Ninja ZX-6Rは、126psだから軽く超えてしまうし、ホンダの2車種も95psと100psに迫ります。
こうなると650といえども侮れませんね。

ただ、これも好みの問題ですがマルチ(並列4気筒)の乗り味を好まない人もいると思います。
管理人は、自分で乗っているスズキのVストローム650のVツインが気に入っているので、高出力を求めてマルチの選択はしません。

ただし、趣味の乗り物ですから、100ps超えと言うステータスを求める選び方も当然アリだと思います。

車両重量のランキング

順位車両重量車種名
1183kgMT-07
2186kgXSR700
3187kgZ650
4193kgNinja 650
5197kgSV650
Ninja ZX-6R
7202kgCB650R
8207kgCBR650R
9212~215kgVストローム650
10229kgVULCAN S

唯一のアメリカンであるVULCAN Sが重いのは、仕方がないところですね。
車両重量を含めて、アメリカンバイクの特長ですから。

ネイキッド バイクは、一般的に軽量ですね。
そういう意味でも、重要な選択肢になります。

シート高さのランキング

順位シート高さ車種名
1705mmVULCAN S
2790mmSV650
Ninja 650
Z650
5805MT-07
6810CB650R
CBR650R
8830Ninja ZX-6R
9835Vストローム650
XSR700

バイクで最も実用的な性能の一つが足つき性です。
気に入ったバイクをみつけても、足が届かないということで断念すると言う話もしばしば聞くことです。

足つき性を決める要素はシート高だけではありませんが、そうは言っても最も影響力が大きいのがシート高です。

バイクのカテゴリーとして、アメリカンバイクはシート高さが低く、アドベンチャーツアラーはシート高さが高いのが、いわば仕様なので、VULCAN SとVストローム650のシート高さは納得できるものです。

それにしても、VULCAN Sのシートは、他車と比べて10センチも低いので、女性や小柄な人にとっては大きな魅力になることでしょう。

シート高さが830mmを超える車種が3つありますが、この辺になると、身長が170センチ以下の人にとっては立ちごけの恐怖を感じるかもしれません。

燃費のランキング

順位燃費車種名
126.6km/LSV650
224.2km/LVストローム650
324.0km/LNinja 650
Z650
523.9km/LMT-07
XSR700
722.8km/LVULCAN S
821.3km/LCB650R
CBR650R
1018.3km/LNinja ZX-6R

購入したあとで、気になってくるのが燃費です。
燃費は、使い方によってどうにでも変わってしまうし、個人差が大きい数値です。

上の表の燃費の数字は、WMTCモードのクラス3、サブクラス3-2に対応するカタログ値の転載です。

当たり前の話ですが、マルチで高出力のエンジンは燃費が良くないですね。

特に、100psを軽く超えてしまうNinja ZX-6Rの燃費はよろしくありません。
でも、このエンジン出力が魅力で購入するのですから、この程度の燃費の差は気にしてはいけませんね。

仮に、この数字が実用燃費だとして、最も燃費が良いSV650で500km走行するとガソリン消費量は18.9リットルです。
一方、最も燃費が悪いNinja ZX-6Rで500km走行するとガソリン消費量は27.3リットルです。

その差は、8.4リットルです。
現在(2019年4月)のガソリン価格(142円)で計算すると、1,193円になります。

500km走行は、ロングツーリングでもほぼ1日分です。
それで、1,200円程度の差であれば、エンジン性能に免じて許容範囲と言えるのではないでしょうか。

航続距離のランキング

順位航続距離車種名
1484kmVストローム650
2372kmSV650
3360kmNinja 650
Z650
5320kmCB650R
CBR650R
7319kmVULCAN S
8311kmNinja ZX-6R
9310kmMT-07
XSR700

ちょい乗りでは気にする必要がありませんが、ロングツーリングに出ると気になるのが、燃料満タンにしての航続距離の推定値です。

航続距離は走り方で大きく変わってしまいますが、ここでは、カタログ掲載のWMTCモード燃費に燃料タンク容量を掛けた数値を航続距離としました。

圧倒的に航続距離が長いのが、アドベンチャーツアラーであるVストローム650ですね。
航続距離が484kmとなっていますが、高速道路主体のツーリングでは、管理人の実用数値に近いです。
満タンで500kmまで走行したことはありませんが、500km近いところまでは走れますから、地方の細い道に入ってしまっても安心感があります。

SV650とNinja 650、Z650はほぼ同等です。

5位以下の6機種は、ほぼ同じですね、

まとめ

バラバラのランキング表を一覧性を重視して4段階に色分けしてみました。

各項目とも、グリーンの色が濃い車種の成績が良いことになります。
逆に色が薄い車種は、その項目で劣っているいみです。

車種価格
(万円)
出力
(ps)
重量
(kg)
高さ
(cm)
燃費
(km/L)
距離
(km)
CBR650R1049520781021.3320
CB650R969520281021.3320
MT-07787318380523.9310
XSR650907318683523.9310
Vストローム650906921583524.2484
SV650747619779026.6372
Ninja ZX-6R13312619783018.3311
Ninja 650816819379024.0360
Z650796818779024.0360
VULCAN S836122970522.8319

Ninja ZX-6Rは、高出力を求めるが故に、価格、燃費を犠牲にしていることが分かります。
でも、趣味性の強い乗り物なので、それで良いのです。

特別に色を濃くして白抜き文字の項目は、バイクのカテゴリーとして必然的に現れる優れた事項です。

  • Vストロームは、アッドベンチャーツアラーとして航続距離は譲れません。
  • Ninja ZX-6Rは、ハイパワーのスーパースポーツとして、100ps越えを達成しました。
  • VULCAN Sは、アメリカンバイクとして低重心とシート高さは重要なのです。

こらの項目を達成するために、犠牲になっている項目もあるのですが、この一線は譲れないという項目があれば、他のデメリットは我慢してもらいましょう。

まんべんなく平均的に高得点を並べているは、ネイキッドバイクですね。
トップはSV650で、続いて、Ninja 650とZ650です。

そういう観点でバイクを選ぶとすれば、特徴あるバイクは次の車種です。

  • 高性能高出力なら並列4気筒のNinja ZX-6RCBR650RまたはCB650R
  • シートの低さと足つき性の良さならアメリカンバイクのVULCAN S
  • アドベンチャーツアラーなら長距離走行が得意なVストローム650
  • 経済性と実用性のバランスでは、SV650MT-07Ninja 650Z650
  • ありゃりゃ、XSR650の入るところがなくなってしまった

関連おすすめ記事

650ccバイクをおすすめする理由!650の魅力にやっと時代が追いついた

スズキの650ccバイク!ネイキッドならSV650が圧倒的におすすめ

ヤマハMT-07は2019年モデルで何が変わったのか

650ccニューネイキッド比較!MT-07とZ650ではどちらを選ぶ



Return Top