Read Article

覆面パトカーをナンバー以外で見分ける方法いろいろ

覆面パトカーをナンバー以外で見分ける方法いろいろ

高速道路でお世話になる覆面パトカーですが、法定速度で安全運転をしていれば、何も恐れることはありません。
でも分かることなら、覆面の正体を知りたいですよね。

8ナンバーから最近は3ナンバーになってしまったので分からなくなってしまいました。
それ以外に見分ける方法があるのでしょうか。

覆面パトカーがナンバープレートで見分けられるか

ナンバーで見分けようということですが、それは無理ですね。

昔は8ナンバーだったが

昔の覆面パトカーは『8ナンバ-』でしたが、最近は普通に『3ナンバー』です。

『8ナンバー』は特殊用途の自動車ということで、いわゆる改造車がこれに当たります。
冷凍車とかキャンピングカーなどがよく知られていますね。
消防自動車も8ナンバーです。
昔の覆面パトカーには中央に柱があって、その柱の中から回転赤色灯が飛び出すような、結構大掛かりな改造車両でした。

警察ですから、遵法精神に則って、当然、改造車両として登録します。
だから、『8ナンバー』だったのです。

 

どうして3ナンバーになれたのか

電気機器の改良によって、中央の柱がなくても、屋根に軽微な設備を付けるだけで、回転赤色灯が飛び出すようになったので、改造車両としての申請をしなくても良くなったのです。

今では、ほとんどの覆面パトカーは、『3ナンバー』で走っています。

 

覆面パトカーの見分け方

アンテナやミラーなどの装備が普通車と同じようになってしまったので、車種や外観から覆面パトカーを見分けるのは困難です。
というより、ほとんど不可能です。

それでも、見分けるポイントを教えましょう。

 

地元ナンバ-である

警察は都道府県単位の縄張りがありますから、他人のシマでは仕事をしません。
だから、都道府県単位で見たときに、他府県のナンバーなら覆面ではありません
県境を挟んだ隣県のナンバーも覆面の可能性があるようです。

異常なほど法定速度を守る

追い越し車線がガラガラでも、法定速度でのんびり走っているクルマがいたら怪しいです。
そのような車を追い越したら、数秒間はバックミラーに注意すること

 

追い越した直後に追い越し車線に入ってくる

のんびり走っていたセダンを自分が追い越した直後に右ウインカーを点滅させて追い越し車線に入ってきたら、覆面と思ったほうが良いでしょう。

 

後ろに着かれたら

追い越した途端に、後ろにつかれたらブレーキを踏んではいけません

覆面パトカーが速度計を記録するタイミングは、先行車のブレーキランプのタイミングを狙うことが多いからです。

ブレーキペダルを踏まずにエンジンブレーキで減速して、左の走行車線が空いていたら、すみやかに走行車線に移ることです。

 

車種は、クラウンクラスのセダン

絶対というわけではありませんが、クラウンクラス『3ナンバー』のセダンで、黒、白、グレーが多いです。

中には、高級スポーツカーやワゴンタイプの覆面パトカーもいますが、ほとんどはセダンです。

スズキの『キザシ』(Kizashi)と言うセダンがありますが、珍し車種である上に、国内を走っている車の半数が警察車両なので、高速で見かけたら覆面パトカーだと思ったほうが良いでしょう。

車の要求性能面で力不足なので、『5ナンバー』の覆面はほとんどいないようです。

 

覆面は突然現れたりはしない

覆面パトカーが、はるか後方から追いかけてくるなんてことはありません。

あなたが追い越した途端に追い越し車線に入って、追跡を開始するのです。

だから、遅いセダンを追い越した直後に十分な警戒をしていれば、分かるはずですが、敵もプロなのでなかなか。

 

必ず二人で乗っている

一人乗車の任務は絶対にないので、必ず二人乗車です。

通常は、青い制服を着てヘルメットを着用していますが、追い越す瞬間に見抜くのは難しいです。
ミラーで、一人乗車が確認できれば覆面ではありません

 

バイクはパトカーの標的なのか、バイクが悪いのか

高速道路走行台数の中で、バイクの比率はおよそ2%だとの研究があります。

これに対して、高速道路の駐車帯などで覆面パトカーに捕まっている車両の半分くらいがバイクであるような印象です。
とすると、計算上は、バイクのほうが自動車よりも50倍も捕まりやすいと言うことになります。

バイクが悪いから捕まるのでしょうか、それとも覆面パトカーがバイクを目の敵にしているからでしょうか。

おそらく、その両方でしょうね。

わたし自身、四輪車運転中に速度違反で捕まったことは1回しかありませんが、バイクに乗っているときには、覚えていないほど捕まっています。
それほど飛ばしている意識がないのですが、捕まると結構な速度違反になっています。

バイクは加速がいいから短距離で速度が出るし、どうしても飛ばしやすい。
だからパトカーも目をつけているる、ということでしょう。

 



 なんで、こんことを調べているのか?

こう見えて、結構、覆面パトカーとのお付き合いがあるんです。(>_<)
息子ほどの年齢の若いお巡りさんから、何度もお説教をされています。

実は、わたしはバイクが好きで、この歳(69歳)になっても650ccのバイクに乗っています。

このバイクです。
aaCIMG5142

アドベンチャー・ツアラーというタイプで、若い人はあまり選ばないかもしれませんね。
色々なバイクに乗って、ベテランライダーが最後にたどり着くのが、このタイプです。

650ccと言うと、ほぼ軽自動車と同じ排気量で、タイヤが二つしかないのだから、そりゃ速いですよ。
ついつい、高層道路では法定速度を超えてしまいます。(注意しましょう!)

これでも、バイクの中ではミドルサイズなのです。
1000ccを超えたバイクはもっと速いですよ。

 

だけど、1000ccともなると、重くて取り回しが大変なので、日本人にはこのくらいが一番いいのです。

速いし、どこでも(林道など)走れるし、乗車姿勢が疲れにくいので、どこまでも行けます。

アドベンチャー・ツアラーは乗りやすいバイクです。

 

あれっ!

覆面パトカーとは、関係ない話でまとめてしまいました。 m(_ _)m



Return Top