Read Article

アドベンチャーツアラーの嘴のオリジナルはGSではなかった

アドベンチャーツアラーの嘴のオリジナルはGSではなかった

アドベンチャーツアラーの嘴(くちばし)のオリジナルはGSではなかっ

最初にクチバシを付けたバイクは何?

アドベンチャーツアラーというジャンルのバイクには、特徴的なクチバシがついている機種が多いです。

アドベンチャーツアラーの本家とも言うべきBMWのアドベンチャー系のバイクには全機種にクチバシがついているし、DUCATIやTRIUMPHのヨーロッパ車の他にも、日本ではホンダとスズキのアドベンチャーツアラーにはクチバシがついています。
(写真は後半で示しています)

アドベンチャーツアラーというカテゴリーは、BMWのR1200GSから始まったようなイメージがあるので、最初にクチバシを付けたバイクは、てっきりR1200GSだと思いこんでいました。

ところが、調べてみたら、意外なことに日本のバイクのほうが先だったのです。

SUZUKI DR800Sのクチバシは1991年

スズキには、DR800Sというバカみたいに巨大な単気筒バイクがありました。
1988年にDR750Sとして発売されて、3年後の1991年からは800ccにボアアップされて、写真のDR800Sになりました。

上の写真はDR800Sですが、フロントライトの下に立派なくちばしが突き出ています。

この大胆なデザインは、イタリアのカーデザイナーであるジウジアーロの設計で、『ファラオの怪鳥』と名付けられ、タンクからフロントカバーまで伸びるくちばしがありました。

当時のカタログには、『怪鳥をイメージしてデザインされたというフォルム』と記載されていますから、クチバシとイメージしたことは間違いありません。

BMWのクチバシは1994年

一方、R1200GSのくちばしを調べてみると、R1200GSの原型であり、初めてくちばし状のモノがついたモデルがR1100GSですが、この発売は1994年ですから、1991年のDR800Sよりも後のことなのです。

R1100GSから、R1150GSを経て、R1200GSが誕生するのは、2004年のことですから、怪鳥ファラオのスズキDR800Sよりも13年も後のことなのです。

世界で最初にクチバシがついたバイクは、イタリアの奇才ジウジアロがデザインしたスズキDR800Sでした。
厳密にはその前身のDR750Sです。



アドベンチャーツアラーのクチバシいろいろ

BMWのアドベンチャーツアラー

アドベンチャーツアラーというジャンルの世界の旗艦と言えば、誰もが認めるBMWのR1200GSですね。

BMWのバイクといえば、水平対向ボクサーエンジンです。
R1200GSのエンジンもボクサーエンジンです。
そのため、重心位置が低いのでに安定性は抜群で、30Lの大きな燃料タンクを積んで、どんな道でもどこまでも走る、アドベンチャーツアラーの先駆者として登場し、その後も王者の貫禄で、このジャンルのトップに君臨しています。

ところで、R1200GSといえば、前輪の上に突き出した嘴(くちばし)がとても印象的です。

このイメージがとても強くて、アドベンチャーツアラーと言えば、くちばし付きでなければならないようなイメージさえあります。

アドベンチャーツアラーの本場はヨーロッパです。
中でも、BMWは、たくさんの品種を抱えていますが、アドベンチャージャンルのバイクは、必ずくちばしがついていますね。

ミドルレンジのアドベンチャーツアラーとして人気のあるF800GSは水平対向エンジンではなく、並列2気筒です。
そんなこととは関係なく、クチバシがあります。

日本では未発売ですが、単気筒エンジンのスモールアドベンチャーのG310GSにも立派なクチバシがついています。

DUCATIのアドベンチャーツアラー

BMWだけではありません。
V型エンジンの名門DUCATIのアドベンチャーはMultistradaですが、1200ccと950ccの両車種とも、クチバシが付いています。

こちらは、Multistrada 950。

TRIUMPHのアドベンチャーツアラー

紳士の国、英国でもアドベンチャーモデルは健在です。

3気筒1200ccのTIGER EXPLORERにはくちばしがついていますね。

弟分のTIGER 800にもクチバシがあります。

HONDAのアドベンチャーツアラー

ホンダでも最近アドベンチャーツアラーの品種を増やしています。

一番の売れ筋がNC750Xですが、クチバシがありますね。

上位格設定のVFR800Xにもくちばしがあります。
個人的には、アドベンチャーツアラーにV型4気筒が必要なのかの疑問があります。

普通2輪免許で乗れる400ccのアドベンチャーツアラーにもやっぱりクチバシがついています。

SUZUKIのアドベンチャーツアラー

スズキのアドベンチャーツアラーは、V-Strom 650が最初ですが、初期のV-Strom 650には、クチバシがついていませんでした。

翌年、V-Strom 650XTが発売されて、クチバシがつくようになりました。
2017年モデルでは、XTではないV-Strom 650もデザインが統一になってクチバシがついています。

後から売り出された上位機種のV-Strom 1000にもクチバシがあります。

最後に、今年の夏に発売された末弟のV-Strom 250にも、本体から一体デザインの立派なクチバシがあります。

 

バイクの種類を10個のカテゴリ分けして詳しく解説

バイクの種類の解説をまとめたページです。
アドベンチャーツアラー、アメリカン&クルーザー、スクーター、原付一種&原付二種、オフロードバイク、巨大バイク、スーパースポーツ、ネイキッドバイク、レトロ&クラシック、その他



URL :
TRACKBACK URL :

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Ryujiさん、こんにちは。

    管理人です。

    わたしが乗っている2013年型のVストローム650ABSにはくちばしがついていませんでした。
    翌年発売されたVストローム650XTには、くちばしが設定されたのです。

    これを見たら、欲しくてほしくて我慢がならず、XT用の交換部品を取り寄せて付けてしまいました。
    なんの役にも立たないくちばしですが、ついていないとアドベンチャーツアラーではないような寂しさを感じてしまいます。
    どうしてこんなに流行しているのか分かりません。

    くちばしがない機種としては、アフリカツインの他にも、YMAHA Super Tenereにはくちばしがありませんね。

    性能にはまったく関係がない、デザインお好みなのですが。

  2. くちばし無しのラインナップもお願いしたいですね❗BMWの二番煎じではメーカーの誇りが感じられませんね。Africatwinはくちばし無しで売れてます。せめてホンダさん、くちばし無しのラインナップをお願いしたいですね。。

Leave a comment

*

Return Top