バイク用ヘルメットの選び方!法律と規格の疑問に答える

バイク用ヘルメットの選び方!法律と規格の疑問に答える

バイク用のヘルメットはいろいろな種類があり、輸入品を含めるとメーカーの数は数え切れません。 数あるヘルメットの中から、どのヘルメットを選ぶべきか、初心者ではなかなか分かりません。 ヘルメットの形状や、安全性、法律などの解説を加えながら、バイク用ヘルメットの正しい選び方をはじめ、ヘルメットの疑問にお答えします。

V-Strom 650のオーナーレビュー(デイリーユース編)

V-Strom 650のオーナーレビュー(デイリーユース編)

高速走行とワインディングロードで、いい走りを見せたV-Strom650ですが、通勤通学や買い物、食事などのデイリーユース、つまり日常のバイクとしては使いにくいのです。 使いにくい理由を挙げてみましょう。

バイクの種類!V-Strom 650のオーナーレビュー(ワインディングロード編)

バイクの種類!V-Strom 650のオーナーレビュー(ワインディングロード編)

V-Strom 650 ABSオーナーレビュー(ワインディングロード編) まっすぐな高速道路を単純にまっすぐ走るだけなら、退屈だけどアメリカンクルーザーが一番良いかもしれない。 でも、バイク乗りの面白味のひとつは、ワインディングロードでの操縦ですよね~。

アドベンチャーツアラーは最も快適なバイク

アドベンチャーツアラーは最も快適なバイク

アドベンチャー・ツアラーが人気 アドベンチャーツアラーという車種が人気です。 私の愛車が上の写真。 SUZUKI V-Strom650 ABS。   一口で言うとオフロードバイクの形で、オンロードにしたようなものです。 一昔前に、アフリカツインというホンダのバイクが人気になりましたが、あの手バイクの進化型と言...

ボスホスは世界一大きいバイクだがその価格は

ボスホスは世界一大きいバイクだがその価格は

今、カタログ商品として世界で一番大きいバイクってどんなものでしょうか? (高さが3mもあるようなギネス狙いの芸術品は別として、工業製品として販売されているものに限定してね) 最大の工業生産バイクはBOSSHOSS アメリカのボスホス(BOSSHOSS)と言うバイクメーカーの製品がすごいですね。 この子の前に来たら、ハー...

オフロードバイクで長距離ツーリングはつらい

オフロードバイクで長距離ツーリングはつらい

オフロードバイクとは オフロードとは、道路から外れることです。 オフロードレースというと、サハラ砂漠を疾走するパリダカのような長距離もあれば、起伏のある山野のサーキットを駆け上るモトクロスや、オンロードが一部含まれるようなエンデューロなどいろいろあります。 イメージし易い分野としては、モトクロスレーサーが最もわかりやす...

クルーザーバイクは豪華さこそ命

クルーザーバイクは豪華さこそ命

クルーザーバイクは豪華さこそ命 とにかく、大きいことはエライことだとばかりに、大型化と豪華さを目指している車種が、クルーザーです。 上の写真はホンダ・ゴールドウィング。 エンジンは6気筒1800ccで、車重は420キロ、ステレオやナビの装備は当たり前、下手したらバックギアまで付けようかという代物です。 (上の車種にはバ...

原付二種は二人乗りが出来るし最も実用的なバイクだ

原付二種は二人乗りが出来るし最も実用的なバイクだ

原付二種バイクは原付免許では運転できない 正式には、第二種原動機付自転車と言います。 原付バイクの名前がつきますが、原付免許では運転出来ません。 また、普通免許のおまけでも運転できません。 運転するには普通自動二輪免許(小型限定)、通称「小型二輪免許」が必要です。

Return Top