オフロードバイクで125ccをおすすめするには理由がある

オフロードバイクで125ccをおすすめするには理由がある

バイクの種類⇒オフロードバイクとは オンロードが「道路の上」に対して、オフロードは「道路の外」を意味します。 ここでいう『道路』は、はっきり言えば舗装道路のことです。 これに対して、オフロードを道路の外とは言うけれど、畑の中や山林を駆け巡ると言う意味ではなく、未舗装道路といったほうが適切でしょう。 オフロードバイクの種...

アメリカンバイクが曲がらないのは何故か?その謎を探る。

アメリカンバイクが曲がらないのは何故か?その謎を探る。

アメリカンバイクは、ピーター・フォンダとデニス・ホッパーによる1969年のアメリカ映画『イージーライダー』で一躍有名になったバイクです。 真っ直ぐなハイウェイをひたすら走る姿にアメリカの雄大さを感じたものでした。 イージーライダー/映画ポスター フレーム(額)なし 価格:972円(税込、送料別) (2016/11/9時...

日本のアドベンチャーツアラーはミッドサイズが適している

日本のアドベンチャーツアラーはミッドサイズが適している

リターンライダーにおすすめするバイクは、アドベンチャーツアラー その理由は乗車姿勢が楽なこと、長距離走行の実用性に優れていることです。 アドベンチャーツアラーと言えば、最初に思いつくのがBMW1200GSですが、リターンライダーが選ぶべきはBMWでしょうか。 そんなことを考えてみましょう。 リターンライダーにおすすめの...

V-Strom 650 ABSのオーナーレビュー(高速走行編)

V-Strom 650 ABSのオーナーレビュー(高速走行編)

V-Strom 650の高速走行 わたしは、Suzuki V-Strom 650ABSの所有者です。 リターンライダーには、アドベンチャーツアラーがいいよ ↓ 国産のアドベンチャーツアラーがいいよ ↓ ミッドサイズのアドベンチャーツアラーがいいよ ↓ スズキ V-Strom 650 ABS がいいよ   こん...

アドベンチャーツアラーなら国産車を選びましょう。

アドベンチャーツアラーなら国産車を選びましょう。

アドベンチャーツアラーをお勧めします リターンライダーにおすすめするバイクはアドベンチャーツアラーです。 その理由は、次のようなことです。 乗車姿勢が楽 高速走行が楽 長距離の旅に向いている 総合的に実用的である では、具体的にどのメーカーのどのバイクを選んだら良いでしょうか。

アドベンチャーツアラーは旅バイク!その7つの構成要素とは

アドベンチャーツアラーは旅バイク!その7つの構成要素とは

アドベンチャーツアラーの元祖は わたしは以前から、リターンライダーにおすすめのバイクはアドベンチャーツアラーだと言っています。 その真髄は、アルプス超えをはじめとして、ヨーロッパで国から国をまたいでバイクで旅をする人たちのニーズです。 アドベンチャーツアラーの元祖はR1200GS アドベンチャーツアラーの代表格は、何と...

GIVIのトップケースが高速道路で落下した事件!半ロックに注意!!

GIVIのトップケースが高速道路で落下した事件!半ロックに注意!!

GIVIのトップケースが高速道路で落下しました。 「そんな馬鹿な!」 当然そう思うでしょう。 GIVIのトップケースといえば、この黒い箱のこと。 愛車のスズキVストローム650に取り付けた姿はこんな風になります。

バイク免許制度の歴史!125ccで大型二輪免許が取れた時代があった!

バイク免許制度の歴史!125ccで大型二輪免許が取れた時代があった!

125ccの試験車両で、大型二輪免許がついてきた バイクの免許制度は、時代によって大きく変化しています。 わたしは16歳のとき(昭和41年)に、地方の警察署の裏庭に設置された小さな試験コースを、原付き2種(125cc)のバイクで何周か走っただけで当時の二輪免許を取得しました。

リターンライダーにおすすめのバイクの選び方

リターンライダーにおすすめのバイクの選び方

リターンライダーになった人は長いことバイクから離れていたので、一般にバイクを所有していませんね。 と言うことは、新しく買い求めることになります。 この記事では、わたしなりのバイク選びの基準を紹介します。   リターンライダー向けバイクの条件とは 自分たちが若い頃と比べるとバイクの種類も技術も大きく変化していま...

リターンライダーとはどんな人でしょうか?その定義とは。

リターンライダーとはどんな人でしょうか?その定義とは。

リターンライダーの定義とは リターンライダーってきちんとした定義はありませんよね。 ザクッと言えば 若い頃にバイクに乗っていたが、 諸事情によって一旦バイクから離れて、 年配になってまた乗り始めた。 って感じだけです。   リターンライダーのイメージって、人それぞれですよね。 10代のときにバリバリ言わせてい...

Return Top