Read Article

無給油で航続距離が長いバイクはどれ、国産では

無給油で航続距離が長いバイクはどれ、国産では

無給油で航続距離が長いバイクはどれ

アドベンチャーツアラーといえば旅バイクです。

旅先では、必要なときにガソリンスタンドが必ずしもあるわけではありません。

地方の山間部や海岸などに行けば、50km以上もスタンドがない場合も珍しくありません。

そうなると、燃料タンクの大きさと燃費との兼ね合いで、無給油でどのくらい走れるのかが重要な関心事項になります。
予備タンクを携行することもできますが、ただでさえ積載能力が小さいバイクに、予備タンクを積むのは避けたいところです。

公開されている燃料タンク容量と燃費から無給油でどこまで走れるのかを計算してみました。

航続距離総合ランキングトップ10

 機種名会社航続距離(km)
 1290 SUPER ADVENTURE TKTM630
 R1200GS ADVENTUREBMW606
 VERSYS 650 ABSカワサキ567
 F800GS ADVENTUREBMW559
 V-STROM 250スズキ537
 MULTISTRADA 1200 ENDURODUCATI534
 1090 ADVENTUREKTM506
 1290 SUPER ADVENTURE SKTM500
 R1200GSBMW500
 V-STROM 650 AB8スズキ484

さすがにアドベンチャーの本場であるヨーロッパのバイクが強いですね。

上位機種は軒並み500kmを越えています。
トップはなんと600kmを越えています。

トップの2機種は、標準仕様の機種に大型のタンクを付けて長距離バージンを作ったんですね。
ヨーロッパでは、そこまでしても長距離バージョンが必要だということですね。

スタイル優先で、1200ccエンジンに10リットルのタンクを付けるような、アメリカンチョッパーとは、設計思想が違うのです。

10位に管理人の愛車であるV-STROM 650 ABSが登場していますが、高速道路走行が中心のときで大体この数字です。
時速80kmの定速走行をすれば、軽く500kmを越えますね。

実際のところは、信号が多い都市部の走行、ワインディングの山道、田舎の農道などの状況の変化によって、燃費はものすごく変わります。

 

航続距離国産ランキングトップ10

 機種名会社航続距離(km)
VERSYS 650 ABSカワサキ567
V-STROM 250スズキ537
V-STROM 650 ABSスズキ484
XT1200ZE SUPER TENEREヤマハ483
400Xホンダ479
VERSYS 1000カワサキ462
VERSYS-X 250 ABSカワサキ422
V-STROM 1000 ABSスズキ410
NC750Xホンダ396
CRF1000L FRICA TWINホンダ389

国産車だけのトップテンを並べてみました。

V-STROM 250が2位に入っているのは、燃費が抜群に良いからなんです。
巻末に数値を書いていますが、他の機種の燃費が23km/L前後なのに対して、なんと31.6km/Lの低燃費なのです。
しかも、250cc車でありながら17Lの大容量タンクなので、537kmまで航続距離が伸びました。

NC750Xが、低回転エンジンの特性を活かして28.3km/Lの低燃費でありながら、9位に甘んじているのは、通常の燃料タンクを小物入れにして燃料タンクをシート下に隠した凝ったデザインのために、タンク容量が14Lと小さいからです。

日本なら、実用的にこれで十分だと判断した結果なのでしょうね。

鳴り物入りで再登場したアフリカツインが10位と言うのは、なんか釈然としませんね。

大型タンクトップ3

航続距離を稼ぐために30Lの大型タンクを装着している機種があります。
次の3機種です。

  • R1200GS ADVENTURE BMW
  • 1290SUPER ADVENTURE T KTM
  • MULTISTRADA 1200 ENDURO DUCATI

いずれも、標準バージョンのタンク容量はもっと小さいのですが、長距離バージョンとして、従来のバイクでは考えられない30Lのタンクを装着した特殊なモデルです。

低燃費トップ4

  • CRF250 RALLY ホンダ 33.1km/L
  • V-STROM 250 スズキ 31.6km/L
  • NC750X ホンダ 28.3km/L
  • 400X ホンダ 28.2km/L

ホンダの3機種が低燃費で上位なのですが、いずれもタンク容量が小さいので、航続距離ランキングでは、上位に上がれませんでした。
CRF250 RALLYなんかは、アドベンチャーツアラーとは言えませんね。
オフロード走行を重視したデュアルパーパスモデルですね。
軽量化のためか、タンク容量が10Lしかありません。

無給油後続距離のランキング

計算の基準は、タンク容量は、カタログ値(L)です。
燃費は,WMTCモード値を使用しましたが、公開されていない一部の機種は、レビュー記事などを参考にして高速道路走行での燃費を想定しました。
想定数値は、赤色で示しています。

WMTCモードの試験には発進・加速・停止など、いろいろな走行パターンを含んでいるので、単純な「定値燃費値」より使えるデータですが、実際の燃費は使い方によって極端に変わるので、あくまでも机上の計算値として見てください。

例えば、計算上、継続走行距離が300kmのバイクと600kmのバイクでは、それなりの差があるでしょうが、400kmと500kmではあまり差がないとみるべきです。

 

バイクの種類を10個のカテゴリ分けして詳しく解説

バイクの種類の解説をまとめたページです。
アドベンチャーツアラー、アメリカン&クルーザー、スクーター、原付一種&原付二種、オフロードバイク、巨大バイク、スーパースポーツ、ネイキッドバイク、レトロ&クラシック、その他



URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

Return Top