Read Article

モンキー125の新型をあなたならどう使う?

モンキー125の新型をあなたならどう使う?

楽しいバイク、モンキーが125ccで復活

遊べるバイクとして人気が高かったホンダ・モンキーが排ガス規制をクリアできずに、2017年に生産終了となってしまいました。

モンキーの復活を待ち望む声が多かった中、ホンダは、原付二種レジャーモデルの「モンキー125」として、復活させることを発表しました。
発売日は2018年7月12日(木)です。

50ccの呪縛を解かれた、新しいモンキー125は、どんな用途がふさわしいでしょうか。
まだ、実車を見ていませんが、モンキー125の魅力を語ってみます。

モンキー125がスタイリッシュであること

モンキーは、スタイリッシュであることと、そのボディラインがまとまっていることが特徴と言えます。

この特徴を活かして、シティライフをエンジョイすることも可能になるので、見た目に興味をひいてもらうには、乗る人でもそれに乗りたい人でもOKなかたちです。

そのシティ性に関するデザインは、光るところは光っていて、カラーの強めのところは、強くと、コントラストの効いたしくみになっているのが、ウリだといえます。

スタイリッシュであることは、家族持ちにはちょっとみんなでの使用はしにくいですが、学生やシングルの社会人からすれば、通勤・通学・趣味と生活の幅を広げてくれます。

このワイドライフ・スタイルという点で、モンキーはシティ・タイプであるのがフィットするかたちになります。

スタイリッシュである点は、またモンキーに似合うヘルメットの併用でも醸(かも)し出せますので、ぜひとも、モンキースタイルでありながら、シティテクノのような雰囲気でのヘルメットは周囲の反応をそそるはずです。

モンキー125のハイパワー

モンキーはその小ささでありながら、排気までのハイパワーが優れています。

エンジン部に関しても、まとまった形状をしていますが、その躍動感は小ささを感じさせません。

乗る人の体重さえ感じさせないような馬力フィーリングに酔いしれることはあるでしょう。

これは、原動機付50ccというレベルを超えた形なので、その回転駆動の意味から違っているかたちです。

そのハイパワーの連続使用に関しても、乗る人の安全を考えた仕様になっていますので、さすがバイクのホンダといわれる所以(ゆえん)です。

その駆動力に関しては、たとえばシティライフで問題となる坂道ののぼりなどでも、困らない仕様となっているので、原動機付50ccに飽きている方なら、奮発して、モンキーにチャレンジしてみるのもよいでしょう。

そのモンキーのモデルチェンジのニュータイプとしては、やはり馬力数があがったということで、日本の狭い路地で活躍する、パワーボーイという感触が伝わりやすい好みです。

小規模な作りでハイパワーを出すのは、その車体の重量の問題もクリアしなくてはならないポイントになります。

ですが、すこし大きめの人が乗ったとしても、車体の堅牢性の意味から、縦横無尽にシティブーストとして、活躍するに違いありません。

モンキー125の燃費

モンキーという名称から、身軽なというイメージが伝わります。

そして、モンキーの燃費としての問題は、充分に乗り心地としてクリアされています。

そのため、すこしの給油でどこまで走れるという、ロング・ドライブをシティ性において可能としている技術があります。

フューエルタンクは、5.6Lの容量を確保して、燃費が67.1km/L(WMTCモード値)なので、計算上は370kmも走ることが出来ます。

燃費というのは実際、生活感あふれる意味が加わりますので、そのキープ・アイテムとしての喜びを満足させてくれます。

自分のものとしての愛着はやはり、連続使用と連続保持期間にあります。

自分のモンキーを愛用している時に、燃費の問題でライト感があれば、その愛着度は増し加わります。

つまり、通勤・通学・趣味に走る場合でも、やりやすさ・乗りやすさという意味から、シングル・ライフを謳歌するという意味にまで、充分に楽しめる構造となっている訳です。

シティ生活で、財布に尽きそうな予感のしたとき、このモンキーさえあればといった雰囲気で、乗まわしなんとか繋いでいくということも可能でしょう。

つまり、自分の可動範囲をその燃費によって支えてくれるという愛着も持てます。

また、モンキー仕様というかたちで、そのモンキーと一緒にというイメージングも秀逸な製品ですので、生活の愛用品としてのイメージが充分だといえます。

 

モンキー125のコンパクト性

コンパクトであることは、収納がしやすいということに直結します。

たしかに大型バイクの排気量はすごいので、負けた感はあります。

ですが、コンパクトシティではたして何が重要かを考えると、コンパクトにまとまった居住空間では、やはり収納が大事なのです。

乗用車に加えて、車庫にいれる二代目の車は入る余地がありません。

そのときに、全長1,710mmのこのモンキー125であれば、さらに可動範囲を広げるために、迷惑をかける心配はないです。

つまり、ガレージタイプの車庫のお似合いな仕様が、メインターゲットになっているのです。

もし、駐輪スペースがあるところであれば、ちょっとした隙間が空いているだけで、自分のスペースからそとの世界へおおきく展開できるかたちになります。

勉強するときにも会社であげていくときにも、未然のステータスであったとしても、やはり、駆け上がっていくイメージとしては、遜色のないモデルがこのモンキー125になります。

愉しいときも、辛いときも、これ一台でなんとかなったという、思い出をつぎ込んで、その馬力と、コンパクト性にシティライフを彩っていく。

このことが、シティライフをやり抜いていくという意味につながります。

ショートアグレッシブなライフをモンキー125と共に躍り出ましょう。

 

モンキー125の仕様について

ホンダのモンキーは今まで50ccモデルでしたが、それが2017年の8月に生産が終了となりました。

リニューアルしてまた販売されることになったため、今から販売されるのを楽しみに待っている方も多くいらっしゃると思います。

モンキー125の新設計

モンキー125はシンプルでありながら、コンパクト、愛らしさなどの魅力を受け継いだレジャーバイクであり、力強く扱いやすい125ccのクラスのエンジンや取り回しのしやすいサイズ感、多くの人に気に入ってもらいやすいデザインなどが特徴となっています。

スタイリングは前後長を短く、上下にボリューム感を持たせた台形シルエットを採用しています。

燃料タンクやシート、サイトカバー、スチールフェンダーは独立感のある形状としています。マフラーカバー、ヘッドライトリムにはクローム仕上げを用いており、外観のパーツに関しては従来のシンプルさを失わないように、丸いヘッドライトやテールランプ、スピードメーター、バックミラーなどはモンキーらしさを表すデザインとなっています。ボディーカラーはパールネビュラレッドとバナナイエローの2色があり、ポリッシュ加工で仕上げた燃料タンクのエンブレムやウェーブキーはオールドウイングマークを用いています。

全てのランプ類は高輝度で非視認性に優れたLEDを採用し、LCDタイプのスピードメーターではイグニッションONの操作でウインクするアニメーションが楽しめるようになっています。デザインへのこだわりはバックボーン式フレームとスイングアームの車体に現れています。

シートレールには剛性を確保しながらデザインの基調であるラウンドシェイプに合わせた形状を採用しています。

足周りではフロントはバネ下重量感を軽減する倒立フォークとしており、リアのスイングアームは長円形の断面を持つ専用設計として、剛性とラウンドシェイプのデザイン両立しています。

ホイールベースは1155mmで、モンキーならではのシルエットになっており、直進の安定性やコーナーリング性能について配慮しています。

道が少しデコボコしているようなところでもしっかり走ることができるので、様々な走行状況でも楽しむことができます。

パワープラントは124ccの空冷4ストローク短気筒OHCエンジンと4段マニュアルトランスミッションの組み合わせになっているので、市街地で多用する回転域では強く、ツーリング走行ではスムーズに走ることができるように出力特性がしっかりしています。

タイヤは12インチのブロックパターンタイプで、クッション性の良い高密度ウレタンのシートの採用などで快適に乗ることができるようにしています。

ブレーキは前後共にディスク式でフロントのみABSを装着したタイプとなっています。このように従来のモンキーをそのまま利用しているところもあれば、少し変更させている部分もあり、よりバイクの性能や見た目を楽しめるようにしています。

50ccから125ccで法的取扱が変わる

従来のモンキ-50は50ccなので、普通自動車免許があれば乗ることができました。

しかし、モンキー125は125ccなので、小型自動二輪車免許以上が必要になります。
今まで普通免許でモンキー50に乗っていた人は、モンキー125乗るために小型自動二輪車免許を取得しなければならないので、少し面倒だと感じるかもしれません。
しかし、125ccになったのでスピード感も50ccのときよりも断然違いを感じることができ、バイクを乗っている爽快感をより感じることができると思います。

30キロの速度制限や二段階右折などの規則もなくなるため、より自由に走ることができるようになりますが、高速道路を乗ることができないのは同じです。

このような部分が交通法規的に変更になっていると言えます。

モンキー125の価格はやや高め

このモンキー125の値段ですが、正式に発表されたものではABS仕様で43万2千円という価格です。
(ABSなしでは、39万9,600円です)

魅力的と思われるモンキー125ですが、値段は少し高めだと言えます。

モンキー50のときは原付ということもあり、値段は33万6930円でしたから、いきなり10万円近いアップです。
125ccのバイクを購入する際に、今の値段では少し購入することが難しいと思います。

今ではバイクも40万円を超えるようなら高いとされており、一般的にバイクが好きな方でも購入をすることをためらうこともあります。
従来のモンキー50が好きな方ならば購入する人もいると思いますが、興味を持っていた人は購入を見送るかもしれない値段だと思います。

タイなどの外国ではモンキーと同じようなバイクでも30万円以下の値段となっているものもあるので、外国産の部品などを活用すれば値段は安くできると思いますが、ホンダのブランドもあるためこの値段になっているのかもしれません。

販売計画台数は3200台としています。
モンキー125を購入、性能などを確認したい方の参考になれば良いと思います。



Return Top