Read Article

125ccネイキッドバイクが熱い2018年の春(GSX-S125、CB125R、Z125 PRO)の諸元表

125ccネイキッドバイクが熱い2018年の春(GSX-S125、CB125R、Z125 PRO)の諸元表

2018年春に125ccネイキッドバイクが息を吹き返した

ファミリーバイク特約が適用されるので、保険の負担が少ない原付二種の125ccバイクですが、このところスクーターに席巻されて、存在感を失っていたマニュアルミッションの125ccのスポーツバイクですが、2018年の春に復活の兆しが見えてきました。

久しぶりにクラッチ付きマニュアル車が各社から発売されました。

スズキ、ホンダ、カワサキの各社が、125ccネイキッドバイクを発表したのです。

  • スズキ GSX-S125が、2017年10月11日発売
  • ホンダ CB125Rは、3月9日発売
  • カワサキ Z125 PROは、4月2日マイナーチェンジ発売
  • ヤマハは今の所動きを見せていません

各車とも、バイクのジャンルとしてはネイキッドバイクと言えるでしょう。

スズキ GSX-S125

125ccネイキッドの先陣を切ったのは、スズキ GSX-S125でした。

先に海外で発表されたいた機種でしたが、2017年10月に日本でも発売になりました。
クラッチ付きの普通の多きさの125ccバイクって、スズキでは22年振りらしいです。

外観的には、精悍なイメージですね。
GSXシリーズは、上をtどればGSX-S1000が親分ですが、デサイン的にはその流れを汲んでいると言っていいでしょう。

全長が2000mmあるので、250ccクラスと比べてもあまり見劣りしません。
その一方でシート高さは785mmに抑えられているので、信号待ちでの不安定さもなく、街乗りに適している設計だと言えます。

タイヤが、全後輪とも17インチと大口径なので、走りには安定感があります。

GSXのネーミングは、4バルブに与えられたもの。
125cc単気筒ながら水冷DOHCで4バルブで、今回並べたライバル3機種の中では、最高の15馬力を絞り出します。

ボア×ストロークは、φ62×41.2mmとショートストロークの高回転型エンジンです。
高回転まで引っ張れば小気味良い走りを見せますが、中低回転では、ややもっさりした感じを受けるかもしれません。

あるレビューでは、6000rpm以下に落とすとワインディングでは使えない、ちゃんと走るなら8000rpmを維持したいということでした。
レッドゾーンは1 万1500回転からなので、8000rpmからでも、まだ攻められます。
そういう乗り方を求めるバイクなので、初心者というよりは、少し乗りこなしているライダーに向いているといえるでしょう。

このクラスでABSが標準装備というのは立派なものです。しかも価格も35万円台に抑えているのは素晴らしい。
ホンダCB125Rよりも約10万円も安いのはお買い得感たっぷりです。

一応、乗車定員は2名になっていますが、二段階になっているタンデムシートは、お世辞にも乗りやすそうには見えません。
まぁ、乗れないことはないけれども、ちょっと駅までとかのエマージェンシー(緊急用)と思ったほうがいいでしょう。
彼女を乗せて長距離ツーリングなどとは、絶対に考えないことです。

タンデムシートは、ツールボックスの蓋になっています。
積載スペースはここしかありませんが、何も入れる余裕はありませんから、荷物はリュックなどで身に着けるか、バッグを取り付ける必要があります。

ヘルメット収納スペースもないし、タウンユースではスクーターに敵いません。
そういう乗り方を求めるバイクではないことを、買う前に理解しておきましょう。

ホンダ CB125R

2018年3月9日発売のホンダの秘蔵っ子です。
価格は、張り込んで他社よりも約10万円高い、約45万円です。最近のネイキッドモデルには珍しく丸目のヘッドライトです。
形状は、古いイメージですが、当然LEDなので、電力消費は少なく明るく、何よりも耐久性があります。
LEDランプがCB125Rだけのように書きましたが、他の機種もLEDです。

最初に目が行くのは、特徴的なマフラーですね。
右側のステップの後ろに小さくまとめられて横向きに吹出口のあるのがマフラーです。

まだ、出たばかりなのでレビュー記事も少なく、カタログ情報を越えて記載できる情報が殆どありません。
今後、徐々に補充することにします。

カワサキ Z125 PRO

2016年に登場しましたが、2018年4月にリニューアルされます。
マイナーチェンジですが、エンジンやメカには手は加えられず、主にカラーリングの変更です。

上記の2機種と比べるとひと回り小さく、特にタイヤが全後輪とも12インチなので、モタードのような雰囲気を感じます。デザインは、完全にネイキッドバイクになっています。
車体が小さいので、足つき性もよく、ゴーストップが多いタウンユースでも大丈夫です。
また、小さい割に乗車姿勢は窮屈ではなく、比較的ゆったりと構えられますが、身長が175cmを超える大柄の人が長距離となると、下半身が窮屈になるので1~2時間が限度でしょう。
タンデムシートは更に短く、30分も乗っていたら拍手してあげます。

変速機も他の2機種が6段変速なのに対して、Z125 PROは4段リターン変速です。
4速まで引っ張るには結構な助走距離が必要になるので、街なかでは3速までで十分だし、郊外に出ても敢えて6速の必要性は感じません。

φ56×50.6mmのロングストロークのエンジンなので、ブンブン回すタイプではないし、低回転でもトルクの谷間が感じにくいので、街乗りには適しています。
ストローク型なので、敏感な人にはやや振動が感じられるかもしれません。
高速道路は走れませんが、比較的通行速度が速い郊外のバイパスでも、大型トラックに煽られて危険な目に合うようなことはないでしょう。

一つ残念なのは、ABSが装備されていません。

カワサキが好きだ、このデザインが好きだ、という人には言いませんが、1万円の価格差であれば、スズキGSX-S125の方がABSもついているしスポーツ性を楽しめるバイクです。

スポーツ性を求めず、タウンユースの便利さを主張するなら、スクーターにすべきです。

 

仕様諸元表

各車の仕様諸元は次の通り。

 メーカー スズキホンダカワサキ
 車名GSX-S125CB125RZ125PRO
全長(mm)200020401700
全幅(mm)745820750
全高(mm)103510551005
軸距(mm)130013451175
最低高(mm)165141155
重量(kg)装備重量
133
車両重量
127
車両重量
102
シート高(mm) 785815780
60k低速燃費(km/L) 48.253.050.0
WMTC燃費(km/L) 44.747.254.2
最小回転半径(m)2.32.32.1
排気量(cc)124124124
エンジン形式水冷DOHC
単気筒4バルブ
水冷OHC
単気筒
空冷OHV
単気筒2バルブ
内径(mm)625856
工程(mm)41.247.250.6
圧縮比11119.8
最高出力
kw(ps)
11(15)
/10000
9.8(13)
/10000
7.1(9.7)
/8000
最大トルク
Nm(kgfm)
11(1.1)
/8000
10(1.0)
/8000
9.6(0.98)
/6000
変速機6段6段4段
燃料タンク(L)11107.4
キャスター25°30′24°12′26°
トレール(mm)939069
舵取角(°)4042
タイヤ(インチ)171712
ABSシステム標準装備標準装備なし
税込価格(万円)35.4344.8234.56

HTML表



Return Top