Read Article

250ccバイクで高速道路を走るための車種の選び方

250ccバイクで高速道路を走るための車種の選び方

250ccバイクは、最も実用的なバイクかもしれません。

完全に下駄代わりの日常使用であれば、125ccの原付2種に分がありますが、たまには走行距離が100kmを超える長距離を走るようなケースを考えるなら、250ccが有利ですね。

さて、走行距離が100kmを超えるような長距離走行となると、高速道路の必要性が高まります。

250ccバイクで高速道路を走る場合の車種の選び方を考えてみましょう。

250ccバイクはエンジンによって高速道路の適正が違う

一口に250ccバイクと言っても色々なスタイルや性能の違いがあります。
それぞれに乗り方や楽しみ方が違いますが、高速走行については、エンジン性能で大きなくくりが出来ます。

わたしの結論を簡潔に表現すると次の3つのケースに分かれます。

  • 2気筒以上の250ccは普通に走れる
  • 250ccスクーターは、ゆっくりまったりいきましょう
  • 250cc単気筒のバイクの長距離走行はおすすめしない

それぞれ、詳しく説明します。

2気筒以上の250ccは普通に走れる

2気筒以上のエンジンならば、まぁ、普通に高速走行が出来ますから、無茶な乗り方をしなければ、長距離ツーリングも可能です。

250cc2気筒エンジンのバイク

現在市販されている国産の250cc2気筒バイクは、次の7機種しかありません。

  • ホンダ CBR250RR
  • ヤマハ MT-25YZF-R25
  • スズキ Vストローム250GSX250R
  • カワサキ NINJA250VERSYS-XZ250ABS

どうしてもエンジンの回転数は高くなりますが、法定速度の100km/hであれば巡航速度として余裕で走れます。
また、最高速度は140km/h程度は余裕で出せますから、大型トラックの後ろについても追い越しが出来ます。

ちなみに、最高出力の回転数とギア比から計算した理論上の最高速度は次のとおりです。
(風の抵抗などもあるので、実際の到達速度とは違いますので、ご注意ください)
出典:https://mtc.greeco-channel.com/ranking/maxspeed_s2/?pg=3

  • CBR250RRが170km/h、
  • MT-25とYZF-R25が165km/h、
  • VERSYS-Xが153km/h、
  • NINJA250とZ-250ABSが150km/h、
  • GSX250Rは110km/h、
  • Vストローム250は108km/h
    実際のオーナーレビューでは128km/hとの報告もありますので、あくまでも計算上は108km/hということでご理解ください。
    この程度だと、追い越し加速は時間がかかり苦労するでしょう。

しかし、120km/hで巡航するとなると高回転なのでエンジンが苦しそうだし、乗っている方もなんとなく辛くなるものです。
⇒ Vストローム250のレビュー(高速走行性能)

人間が辛くなる理由は、エンジン音だけではなく、バイクが軽いことが一つの理由です。
車重が軽いことによる軽快なハンドリングは、250ccバイクのウリですが、100km/hを超える高速走行では、「不安定な」と言う形容詞が必要になる場合が結構あります。

特に、横風に不安定だし、大型トラックの追い越しなどでは、結構緊張するものです。
大型バイクと比べると、どうしても高速安定性では不利になりますが、遵法速度なら普通に走れますよ。

ただし、250ccに限ったことではありませんが、スーパースポーツ型のバイクで長距離を走ると、首と手首が痛くなります。
前傾姿勢が強いので、手首に体重がかかり手首が痛くなり、ヘルメットの重さに耐えて頭を上げているので首が疲れます。

早めにパーキングで休憩を取るしかありません。

250cc4気筒エンジンのバイク

2気筒以上って書いたけれども、現在(2018年1月)の国産市販車では、3気筒と4気筒のクオーターはありません。

4気筒エンジンはマルチと言う呼び方もされますが、1080年代には、バリオス2(カワサキ)、ホーネット(ホンダ)、バンディット250(スズキ)など、4気筒車が人気でした。

とにかく高回転が特徴で、ヤクルト容器ほどの小さなピストンが2万回転近くまで高速で回ると、バイクらしいブンブンとかドコドコとかいう音がしないで。モーターのようなヒューン・ヒューンと音がするので、ヒュンヒュンバイクなんて呼んでいました。

高出力エンジンですが、低回転でのトルクが小さいので、街中でも高回転でヒュンヒュン言わせなければならないようなピーキーなエンジンなので、慣れないと乗りこなしが難しいです。

高速道路を巡航速度で定速走行する分には普通に走れます。
ギア比と最高出力の回転数から計算した理論上の最高速度は、バリオス2が176km/h、ホーネットが180km/hと十分な余裕があります。
ただし、100km/hの法定速度でもエンジン回転は8000rpmを超えるので、エンジンが可哀想になってしまいます。
(単気筒エンジンなら5~6000rpm程度です)



250ccスクーターは、ゆっくりまったりいきましょう

現在販売されている250ccスクーターは、ヤマハのXMAXの1機種だけです。

スクーターと言う乗り物の特性を考えたときに、250ccというサイズが中途半端だと気がついた結果、日常使用には125ccでちょい乗り高速用に150ccが作られ、きちんと長距離を走るなら500cc以上と住み分けが出来たということなのでしょう。

自動変速機を採用していることもあり、250ccスクーターの最高速度は120km/h程度ですから、高速道路で追い越しをかけるのは止めておいたほうがいいでしょう。
また、法定速度の100km/hでも、回転リミットに近い高速回転域になるので余裕がなく、長時間の走行には向いていません。

わたしの感覚では、時速100キロの高速走行は、30分位かせいぜい1時間以内程度の走行にとどめておいたほうが、バイクのためには良いでしょう。

スクーターの乗車姿勢と車体形状の雰囲気からみても、勝負をかけてかっ飛ばすバイクではありません。

どうしても、250ccスクーターで長距離ツーリングに行きたいのであれば、時速80~90キロくらいでゆっくりまったりいきましょう
高速道路の最低速度規制は時速50キロですから、それ以下に落とすと違反になるし、何よりも遅すぎると流れを阻害して危険です。

 

250cc単気筒のバイクの長距離走行はおすすめしない(1時間以内)

250cc単気筒バイクは、次の6機種だけです。

  • レブル250(ホンダ):アメリカン
  • CRF250L/M/RALLY(ホンダ):オフロード
  • D-TRACKER X(カワサキ):モタード
  • KLX-250(カワサキ):オフロード
  • ESTRELLA(カワサキ):クラシック
  • NINJA250SL(カワサキ):スーパースポーツ

アメリカン、オフロード、モタード、クラシック、スーパースポーツとバラエティ豊富です。
しかし、どれも長時間の高速走行を前提としたバイクではありません。

振動で手足がガタガタ震える

最高速度は、140~150km/h程度は出るかと思いますが、何と言っても単気筒の振動が半端じゃないです。

1時間以内ならまぁ我慢もできるでしょうが、2時間以上連続で走っていると手と足がしびれてきます。

膝がガタガタ震えるので、バイクから降りてもうまく歩くことができません。

手が震えるので、自動販売機で缶コーヒーが飲めません。
具体的には次のようなことが起こります。

・財布からコインが取り出せません
・コインを投入できません
・出てきた缶コーヒーを取り出せません
・缶コーヒーのプルタブが開けられません
・口元まで運んでも口に合わせられずこぼします

漫画みたいな話ですが、本当にこんな風に感じるはずです。

加速性能が悪い

高速巡航速度からの加速は期待しないでください。

前方を走っている大型トラックが、80キロ以下で走行しているなら追い越しをかけても構いませんが、90キロ以上だったら、おとなしく後ろをついていくしありません。

後方がガラガラで、後続車がいないのであれば追い越し車線に出ても良いですが、90キロのトラックを追い越すのに結構時間と距離がかかりますから、後続車に煽られると惨めに走行車線に戻ることになりますよ。

100キロの車を追い越すのは無理です。
最初から止めておきましょう。

遅い車は登坂車線へ

上り坂になると、登坂車線が設定されています。

250cc単気筒バイクは、元々加速性能が悪いのですが、上り坂になるとさらに非力さを感じます。
巡航速度が100キロであれば、「おそい車は登坂車線へ」の誘いに従って、とっとと登坂車線に移りましょう。

まぁ、頑張っても100キロを維持するのがやっとですから、流れが100キロ以上だったら、完全にお邪魔虫になってしまいます。

オフロードはケツが痛くなる

レース専用のオフロード車は公道を走れませんから、ここではデュアルパーパス車ということになります。

基本的に、悪路や林道を走ることを前提に設計されていますから、高速走行には全く向いていません。

1時間走っていたらケツが痛くなります。
悪路で立ち位で乗ることを考慮しているので、ゆったり座る思考を捨てているのでシート幅が狭いんですね。
もちろん、クッション性も良くないですから、本当に尻が痛くなります。

狙いの林道などへの移動手段として高速道路を使うなら、30分毎に休み休み行きましょう。

また、燃料タンク容量が小さいので、ガス欠には十分注意してください。

 

風防がない車種は風をモロに受ける

2気筒エンジンのスーパースポーツやツアラーの設定では、風防(スクリーン)が付いている車種が多いのに対して、単気筒バイクでは風防設定の車種が少ないです。

現在の上記7車種のうちスクリーンが付いているのは、ツアラー的味付けをしているCRF250RALLEYとスーパースポーツのNINJA250SLの2機種だけです。

他の5機種は、風防(スクリーン)がないので、モロに風を受けます。

時速80キロまでは風防がなくても平気ですが、100キロを超えるあたりから文字通り風当たりが強くなります。
車重が軽いので、安定走行のためにエネルギーを使うので、結構疲れます。

大型エンジンであれば、太いトルクで安定しているので、風を受けてもどっしりしていられるのですが、軽量な250ccでは安定させようと肩や膝に不要な力が入るので、どうしても疲れやすいのです。

まとめ

250ccバイクで高速道路ツーリングをするなら、2気筒エンジンを選ぶ

パワー不足になりやすい250ccバイクですが、2気筒以上のエンジンであれば、高速道路の通常の流れに乗ることが出来ます。

無茶なことさえしなければ、長距離ツーリングでも普通に走行できます。

スーパースポーツタイプやアドベンチャーツアラータイプであれば、大型のスクリーン(風防)が付いているので、風の直撃を受けないので長距離でも走りやすいです。

スーパースポーツタイプは前傾姿勢が強いので、手首と首が痛くなるので、早めに休憩を取りましょう。

250ccスクーターでは時速80キロくらいでゆっくり走る

250ccスクーターは、単気筒だし自動変速なので基本的に非力です。

最高速度は、頑張っても120キロ程度だし、法定速度の時速100キロでもアクセル全開に近いので可哀想です。
時速100キロの走行なら、30分位の距離と時間にしましょう。

長距離を走行するなら、時速80キロまで落としてスクーターと自分の身体をいたわりながら走ることをおすすめします。

250cc単気筒バイクでは1時間以内に制限する

振動が激しいので走行は1時間以内にする

250cc単気筒エンジンの振動は激しいです。

降りた直後は缶コーヒーが飲めないほどに手足が震えます。

走行距離は、せいぜい1時間以内の距離に制限することをおすすめします。

追い越しは基本的にしない

250cc単気筒バイクは、基本的に非力です。

最高速度は150キロ程度まで出ますが、100キロからの追い越し加速には時間と距離が必要です。

巡航速度が100キロだったら、追い越しはやめましょう。
実力以上の無謀な行為です。

巡航速度が80キロだったら、後方の追い越し車線に車両がいなければ、追い越し車線に出てもいいでしょう。

登坂車線があれば、登坂車線を走行するのが安全かもしれません。



URL :
TRACKBACK URL :

Comments / Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちは、大変美しいHPですね。
    検索できて、記事よませてもらいました。

    最近ふとバイクも良いかなと思い初めてちょくちょtくみています。

    高速の記事をよませてもらって感じたことが、今の250㏄バイクってそんなに遅くなったの?というイメージです。

    20数年前ですが、NSR250を乗っていました。高速は乗った事ありませんでしたが、普通に140kmぐらいは楽に出ていた記憶があります。モチロンカウルにフル伏せしてないと体がぶっ飛んでいく感覚でしたけど。
    ただ、長時間100k以上で走れたか?というとエンジンうっさすぎで嫌になったかもしれませんね。

Leave a comment

*

Return Top