Read Article

750ccクラスのゼロヨン最速バイクベストテン(1980年代)

750ccクラスのゼロヨン最速バイクベストテン(1980年代)

750ccクラスのゼロヨン最速バイクのベストテン(1980年代)

750ccクラスと言えば、今でこそミドルクラスなんて言われて影が薄くなっていますが、暴走族対策で業界が国内販売のバイクを750cc以下に自主規制して1980年代では、ナナハンは大型バイクの代表でした。

リッターオーバーの大型バイクを、無理やり買おうと思えば、逆輸入車として買うことはできましたが、値段が倍近くなるので一般人には手が届かない存在でした。

ナナハンが国内の王者だった、あの頃のスピードランキングです。
モーターサイクリスト誌が実施した、サーキットの低地テストのゼロヨン記録が速い順番のベストテンです。

9位までが11秒台で、10位のXJ750Eが12秒台でした。
ゴール地点の到達速度が仮に200km/hとすると、1秒間の距離は55mにもなります。

1位VF750Fの11.60秒と2位GPZ750Rの11.64秒の差、0.04秒は2m程度の距離になりますから、目で見ていればはっきり分かる差ですね。

最高速度順に並べるとこうなります。

第1位 VF750F 11.60sec

1982年12月発売
水冷V型4気筒4バルブ 748cc 72PS/9500rpm 6.1kg-m/7500rpm
218kg タイヤ:16/18 最高速度:227.0km/h
748,000円

小径16インチタイヤを装備して、CB750Fの後を継ぐスーパースポーツとなりました。

第2位 GPZ750R 11.64sec

1984年07月発売
水冷並列4気筒4バルブ 748cc 77PS/9000rpm 6.5kg-m/7000rpm
228kg タイヤ:16/18 最高速度:231.2km/h
748,000円

ゼロヨン10.98sec、最高速度252km/h、115PSで、世界の度肝を抜いたGPZ900Rの国内版としてスケールダウンしたのでこのGPZ750Rです。
小径で切れの良い16インチタイヤを装備ながら安定性は抜群。
スーパースポーツでありながら、使いやすさは抜群でした。



 

第3位 GSX750S KATANA 11.75sec

1984年03月発売
空冷並列4気筒4バルブ 747cc 77PS/9000rpm 6.4kg-m/7500rpm
212kg タイヤ:16/17 最高速度:217.2km/h
699,000円

ハンドル位置が改められた第2世代のGSX750SはようやくKATANAの名を貰えました。
そればかりか、当時4輪車で流行していたリトラクタブルライトを装備する突飛さで、とゴールドのフレーム注目を浴びました。

兄貴分の、GSX110Sとはずいぶんと違う形になってしまいました。
このデザインは、好き嫌いは大きく別れたようです。

第4位 GPZ750 11.76sec

1983年03月発売
空冷並列4気筒2バルブ 738cc 72PS/9500rpm 6.3kg-m/7500rpm
217kg タイヤ:18/18 最高速度:219.1.km/h
660,000円

Z750GPで採用されたインジェクションからキャブレターに戻されて2PSアップしました。

第5位 CBX750F 11.79sec

1983年12月発売
空冷並列4気筒4バルブ 747cc 77PS/9500rpm 6.5kg-m/7500rpm
217kg タイヤ:16/18 最高速度:219.1km/h
668,000円

第6位 GSX750S 11.87sec

1982年12月発売1983/3バージョンアップ
空冷並列4気筒4バルブ 747cc 72PS/9000rpm 6.3kg-m/7000rpm
222kg タイヤ:16/17 最高速度:213.6km/h
647,000円

GSX110S KATANAの国内向けグレードで設計された初代GSX750Sは、乗車姿勢が危険すぎるからとアップハンドルに変えられ、ミニスクリーンもレーサーをイメージして闘争的過ぎるからと外され、発売直後はその乗車姿勢を揶揄して「耕運機」なんて言われていました。

4ヶ月後のモデルチェンジで、ミニスクリーンが認められ、ハンドルもちょっとマシになりました。
この時の改定で、69PSから72PSにアップされ、価格も598,000円から約5万円アップになりました。

しかし、この時点でも「KATANA」は暴力的なイメージが付きまとうからと、表示が許可されませでした。
上記第3位の1984年3月のモデルチェンジでやっと「KATANA」のエンブレムが付きました。

第7位 GSX750E 11.89sec

1981年02月発売83年2月バージョンアップ
空冷並列4気筒4バルブ 747cc 72PS/9000rpm 6.3kg-m/7500rpm
210kg タイヤ:16・17 最高速度:219.1km/h
680,000円

第8位 GPZ750F 11.96sec

1984年02月発売
空冷並列4気筒2バルブ 738cc 77PS/9500rpm 6.4kg-m/7500rpm
217kg タイヤ:18/18 最高速度:217.2.km/h
680,000円

第9位 Z750GP 11.99sec

1982年04月発売
空冷並列4気筒 738cc 70PS/9500rpm 6.0kg-m/7500rpm
216kg タイヤ:19/18 最高速度:211.8.km/h

第10位 XJ750E 12.18sec

1981年05月発売
空冷並列4気筒2バルブ 748cc 70PS/9000rpm 6.2kg-m/7000rpm
214kg タイヤ:19/18 最高速度:208.3km/h
560,000円

※この記事は、モーターサイクリスト誌2013年4月号の別冊付録を参照して作成しました。



URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

Return Top