Read Article

バイクの免許の種類と取り方

バイクの免許の種類と取り方

バイクの免許の種類と取り方

バイクの免許証は、時代とともにかなり大きく変わりました。

その状況は、バイクの免許制度の歴史に記録していますのでご覧下さい。

さて、現在、バイクの運転免許取ろうとしたら、どんな種類があるのか、費用はいくら掛かるのか調べてみましょう。

バイク免許の種類

運転できる車種の規定については、細かいルールがたくさんありますが、ここでは一般的な概念だけを示します。

まず、バイクを運転できる免許証は、大きく分けて3種類あります。

原付免許
排気量が50cc以下のバイク

普通自動二輪免許
排気量が400cc以下のバイク

大型自動二輪免許
バイク(二輪車)であれば排気量の制限なし

それぞれについて、詳しく説明します。

原付免許

正式には、『原動機付自転車免許』といいますが、通常は『原付免許』で通ります。

原付免許所有者は、通称『原付バイク』と呼ばれる、『第一種原動機付自転車』(排気量50cc以下のバイク)を運転することができます。

俗称として、『原チャリ』、『ミニバイク』などと呼ばれることもあります。

電動バイクの場合は排気量ではなく、定格出力0.6kWまでと規定されています。
一般的に、ガソリンエンジンの原付バイクよりも性能は低いです。

原付免許は、実技試験もなく教習所に通う必要もなく、免許試験場に行けば1日で取れる簡単な試験です。

しかし、普通免許(四輪車)を取得すれば、原付バイクの運転ができるので、わざわざ原付免許を取得する人は多くはありません。
しかもオートマ限定の普通免許でも、クラッチレバー付きの原付バイクを運転することができるのです。

マニアの中には、フルビット免許と言って、すべての種類の運転免許証を取得したい人がいます。
そういう人は、まず、原付免許と、小型特殊から始めるようです。

実際に、こんなことがとり方が可能なのかわかりませんが、理想的にはこうしたいと思ったら、まず最初に原付免許を取得します。

 

また、身分証明書の代わりに、簡単に取得できる原付免許を取る人もいるようです。

 

普通自動二輪免許

排気量が400cc以下のバイクを運転できる免許証です。
ただし、次のように排気量限定とAT限定で4種類に分けられるのです。

  • 普通二輪免許
    限定なし
    (『中型二輪免許』と呼ぶことがあります)
  • 小型限定普通二輪免許
    排気量が125cc以下に限定
    (『小型二輪免許』と呼ぶことがあります)
  • AT限定普通二輪免許
    オートマ車に限定(実質的にはスクーター限定)
  • AT小型限定普通二輪免許
    125cc以下のオートマ車に限定(実質的には原付二種スクーター限定)

大型自動二輪免許

  • 大型二輪免許
    排気量などの制限なしに、すべての二輪車を運転することができます。
    普通二輪免許とは、免許証の種類が異なるので、普通二輪免許所有者が、大型バイクを運転すると、免許条件違反ではなく『無免許運転』になりますから、絶対にやってはいけません。
  • AT限定大型自動二輪免許
    大型スクーターを運転することができる限定免許証ですが、排気量は650cc以下に限定されているので、注意が必要です。AT限定大型自動二輪免許が制定された当時の最大のスクーターが、スズキ・スカイウェイブ650だったので、この650cc限定が決められたようです。現在では、輸入品ですが、ジレラGP800ieとかアプリリアSRV850がありますが、オートマ限定の大型自動二輪免許では運転できません。

免許受験の条件

年齢制限

  • 大型自動二輪免許18歳以上
    (限定なし、AT限定)
  • 普通自動二輪免許16歳以上
    (限定なし、AT限定、小型限定、AT小型限定)
  • 原付免許16歳以上

身体的条件

視力

すべての免許共通の色彩能力として、『赤・青・黄色の識別ができること』があります。
その上で、視力条件は次の通りに定められています。

  • 大型自動二輪免許の視力は普通免許の視力と同じ
    (限定なし、AT限定)
  • 普通自動二輪免許の視力は普通免許の視力と同じ
    (限定なし、AT限定、小型限定、AT小型限定)
  • 原付免許の視力若干ゆるい

x
大型自動二輪免許、普通自動二輪免許の視力条件

両目で0.7以上であり、かつ片目で0.3以上であること。
一眼が見えない場合は、他眼の視野が左右150°以上であり、視力が0.7以上あること。
(眼鏡、コンタクトレンズを使用可)

x
原付免許の視力条件

両目で0.5以上であること。
一眼が見えない場合は、他眼の視野が左右150°以上であり、視力が0.5以上あること。
(眼鏡、コンタクトレンズを使用可)
聴力

聴力の条件は、すべての免許で共通です。

10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること(補聴器使用可)。

しかし、運転免許試験において聴力検査は行われません。
試験会場で「次の人、どうぞ~」などと呼ばれて指示通りに返事や行動ができれば、聴力検査合格と判定するらしいです。(そういう噂です)

技能教習時間

運転免許試験場で一発受験も可能ですが、教習所で教習を受けて卒業証明書を貰うのが一般的でしょう。

学科の教習時限は、免許の種類に関係ありませんから、ここでは技能教習の時間について書きます。

大型自動二輪免許の技能教習

大型自動二輪免許のための技能教習は36時間必要です。

普通自動二輪免許(中型二輪免許)を保有していれば、12時間です。
小型限定普通自動二輪免許(小型二輪免許)を保有していれば、20時間です。
普通免許(四輪)を保有している場合は31時間です。

普通二輪免許のための技能教習時限は19時間ですから、合計31時間で普通免許所有者と同じになります。
小型限定普通二輪免許のための技能教習時限は12時間ですから、合計32時間で普通免許所有者より長くなります。

いきなり大型自動二輪をとるのはなかなか難しいので、先に普通二輪免許を取り、二段階でチャレンジするほうが実際的だし、教習時限も短くなります。

普通自動二輪免許の技能教習

普通自動二輪免許のための技能教習は19時間必要です。

ただし、小型限定普通二輪免許(小型二輪免許)を保有していれば、5時間です。
普通免許(四輪)を保有している場合は17時間です。

小型二輪免許のための技能教習時限は12時間なので、合計17時間で済みます。

小型限定自動二輪免許の技能教習

小型限定普通自動二輪免許のための技能教習は12時間必要です。
ただし、普通免許(四輪)を保有していれば、10時間です。



URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

Return Top