Read Article

アメリカンバイクが曲がらないのは何故か?その謎を探る。

アメリカンバイクが曲がらないのは何故か?その謎を探る。

アメリカンバイクは、ピーター・フォンダとデニス・ホッパーによる1969年のアメリカ映画『イージーライダー』で一躍有名になったバイクです。
真っ直ぐなハイウェイをひたすら走る姿にアメリカの雄大さを感じたものでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イージーライダー/映画ポスター フレーム(額)なし
価格:972円(税込、送料別) (2016/11/9時点)

 バイクの分類⇒アメリカンバイク

アメリカンバイクの形状的な特徴

アメリカンバイクの形状的な特徴は、

  • フロントフォークが長い
  • ホイールベース(車軸間距離)が長い
  • シートが低い
  • 大型のバイク

です。

この特徴を「ロング&ロー」あるいは「ロー&ロング」なんて言い方をします。

 

直進安定性は抜群だが曲がりにくい

フロントフォークが長くて斜めに傾斜している

アメリカンバイクは、前輪を支えているフロントフォークが長くて、斜めに傾斜しているのが特徴です。

極端にキャスター角を大きくしたバイクをチョッパーと言います。

20161111b

画像出典:ブラックスミス(http://blacksmithco.jp/gallery/0359.jpg)

一般的なアメリカンバイクはこれほど極端ではありませんが、普通のバイクよりもフロントフォークが長くて斜めに傾斜しています。

フロントフォークを長くして傾斜角(キャスター角)を大きく取ると、直進安定性は増しますが、曲がりにくくなります。

キャスター角は、普通のバイクが26°くらいですが、アメリカンバイクは30°以上が普通で35°を超えるものもあります。

 

下の図のような自転車を作ったと仮定しましょう。

図の上を見て、フロントフォークが垂直に立っている自転車を想定してみてください。
この自転車のハンドルを右に5度ひねれば、車輪の進行方向も5度曲がりますから、ハンドル操作に対する追従性に優れています。

とても曲がりやすい構造です。

しかしその反面、わずかなブレにも応答してしまうので、左右にフラフラして、実際にはとても乗りにくい自転車になります。

20160111a

一方、図の下のように、ハンドルの軸を斜めに倒した自転車ではどうなるでしょうか。

ハンドルを5度ひねっても、車輪の進行方向はその何分の一しか曲がりません。
つまり、思ったほど曲がらないのです。

曲がりにくいけれども、この現象を言い換えれば、直進安定性に優れていると言えるのです。

曲がりにくさは、トレールの大きさで決まります。

トレールの大きさは、一般のネイキッドバイクで100mm~110mm程度ですが、アメリカンバイクでは140mmとか160mmになります。

 

ホイールベースが長いから回転半径が大きい

ホイールベースとは、軸間距離のことを言います。

下の図を見てください。
ホイールベースを理解していただくための図です。

20161111c

ハンドルのキレ角が同じだとしたら、ホイールベースが長いほうが小回りが利かず回転半径が大きくなることは理解できると思います。
ホイールベースが長ければ、ハンドルが多少ブレてもだいたい真っ直ぐに進むのです。
これは、逆に言えば、曲がりたいときにも曲がりにくいことを意味します。

 

ホイールベースが幾つになると長いかと問われても、車格とのバランスになるので一概には答えれません。



1100ccが軽トラに煽られた事件

わたしの乗り方が下手くそだという一面は否定しませんが、とにかく曲がらないバイクです。

アメリカンバイクを所有したことはありませんが、どんなものか乗ってみようとふと思いついて、レンタルバイクを借りたことがあります。

m025489

借りたのは、ヤマハのドラッグスター1100です。

初めてのアメリカンバイクに期待を込めてツーリングに出かけました。
ローシートなので足付き性は抜群に良いから、立ちごけの心配はありません。

さすがにアメリカンバイクです、高速道路は快適です。

 

曲がらないを痛感したのは、軽井沢近くの『碓氷バイパス』を走っているときでした。

それほどタイトなコーナーでもないのですが、何故かカーブが曲がれないのです。
曲がれないと言うのはウソです。
曲がれるのですが、極端に速度を落とさなければならないのです。

20161111d

気がつくと、後ろから軽トラに煽られていました。(笑)

このときほど、悲しい思いをしたことがありません。

軽トラは所詮660ccしかないんですよ。
こちらは倍近い1100ccで、しかも一人しか乗っていないのに煽られるなんて。

この時以来、わたしはアメリカンバイクが好きになれません。

 

アメリカンバイクが好きな人には、ごめんなさいデス。m(_ _)m

バイクは趣味の乗り物ですから、個人的に好き嫌いが生じるのは仕方がないことです。
あくまでもわたくしの個人的な感想であり、アメリカンバイクを否定するものではありません。

 

バイクの種類を10個のカテゴリ分けして詳しく解説

バイクの種類の解説をまとめたページです。
アドベンチャーツアラー、アメリカン&クルーザー、スクーター、原付一種&原付二種、オフロードバイク、巨大バイク、スーパースポーツ、ネイキッドバイク、レトロ&クラシック、その他

 



URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

Return Top