Read Article

新東名の制限速度が110キロに引き上げられたが、バイクはどうする。

新東名の制限速度が110キロに引き上げられたが、バイクはどうする。

上の写真は、高速道路のイメージであり、新東名の写真ではありません。

新東名高速道路の制限速度が引き上げられました。

2017年11月1日から、新東名高速道路の新静岡ICから森掛川ICの50.5km区間で、上下線とも制限速度が110km/hに引き上げられました。

新東名で制限速度が引き上げられた区間を地図で示します。

下の地図で示す区間です。

今回の処置は、1年間の試験施行であり、通年の様子を観察して大きな問題がなければ、120km/hへとさらに引き上げられる予定です。

制限速度が引き上げられる前に、バイクで2度ほど走行したことがありますが、道路幅も広いし御殿場のような小さなカーブもないので、ゆったりした気分で120キロでも危険を感じることはなく、気持ちよく走れることでしょう。

道路の計画時点から120キロを想定して設計されたようなので、ゆったりしているのも当然です。

最大の問題点は、眠くなることですね。

新東名の制限速度が引き上げられるのは、上の地図の約50kmの区間だけであり、その前後は従来通り100km/hですから、勘違いしてそのまま走り抜ける運転手がいるかもしれませんね。

新東名で制限速度が引き上げられる車種は

110km/hに引き上げられるのは、普通の乗用車、バス、自動二輪など従来の制限速度が100km/hの自動車だけです。

大型トラックや三輪車、けん引トレーラーなどは、従来通り80km/hで引き上げに伴う変更ははありません。

このように、機種限定が明確に表示が出されているので、トライク(三輪車)は80km/hだと判断するのが妥当でしょうね。

せっかくの1200cc、あるいは1600ccのハーレーダビッドソンをトライクに改造すると、80km/h車に下がってしまうのです。
バイクの特性を残したままのサイドカーは、三輪ですが自動二輪扱いなので110km/hに引き上げられます。

バイクはどうする

400cc以上は余裕で対応

バイクでも、400cc以上の機種であれば、何の問題もなく対応できるでしょう。

わたしが以前乗っていた、大型スクーターのヤマハTMAX(500cc)は、ヨーロッパの道路で巡航速度150km/hを目指して設計されたと言いますから、将来120キロまで引き上げられても全く問題ありません。

今乗っている、Vストローム650ABSも、問題なく対応できますね。
以前乗っていた、GPZ250(空冷ツイン)でも、大丈夫だと思います。

辛いのは小排気量クラス

問題になるのは、250シングルのバイクですね。
時速110キロはともかく、将来120キロになるつと、巡航速度120キロは結構辛いかも。

250ccツインならおそらく普通に走れるはずですが、性能目いっぱいになるので、苦しそうな音を出すかもしれませんが、まぁ、大丈夫でしょう。

最もヤバイのは、最近流行りの150ccクラスのスクーターでしょう。
例えば、ホンダPCX150とか、ヤマハのNMAX155やマジェスティSなどです。125ccの原付二種スクーターとほぼ同じサイズでありながら、高速走行のために30ccほど排気量を大きくしたスクーターです。
実力としては、125ccスクーターにちょっと下駄を履かせたようなものですから、あんまり高性能とは言えません。

この辺になると、巡航速度として100km/hが実質的な限界なので、120キロ走行を長時間続けるのはかなり厳しいです。

高速道路が走れることがメリットとして売れているようですが、基本的にタウンユースのスクーターなので、高速道路に入るにしても短い距離をちょい乗りする程度にとどめて、これで長距離ツーリングは止めたほうがいいでしょう。
ただし、身の程をわきまえて、80km/h走行に徹するとかすれば、長距離でも楽しめます。

間違えても、新東名で最高速度競争などやらないことです。

 

実際にはどう走るのだろうか。

100キロ制限から110キロ制限に引き上げられたとして、何かが変わるでしょうか。
実際には何も変わらないと思いますね。

制限速度いっぱいで走らなければならないというわけではありませんから、制限速度が引き上げられても、小排気量で非力なバイクは、マイペースで走ればいいだけです。
高速道路の最低速度は50キロなので、これ以上は必要ですが。

逆に、飛ばし屋さんはどうでしょうか。
これも変わらないと思いますよ。
制限速度が100キロの現状でも、130キロ、140キロは当たり前に出しているし、160~170キロを軽く超えるスピードのバイクも時折見かけます。

制限速度が100km/hの現状で、平均的な車の流れって、実際のところは110km/hくらいではないでしょうか。
もっと速く走れるけど、取締りが怖いから+10キロくらいにおさえているのか。

だとすれば、制限速度が110キロとか120キロになれば、それぞれプラス10キロに変わるかもしれませんね。

だけど、雨天とか強風などで80キロ制限に規制されることがありますが、走っている車の速度は殆ど変わりません。
たまに、気が向いて80キロ規制を遵守すると、大型トラックからも追い越される始末で逆に怖いです

結局、警察の取り締まりがどうなるかに関心があつまり、その対応でライダーの反応が決まるのではないでしょうか。

厳しく速度取り締まりをやれば110キロ制限を守るのでしょうが、あまり厳しくしなければ、走りやすい道路だから制限速度を超えて走ることでしょう。

試験期間中に、事故が多発して、規制が強化されるような結果にならないことを希望しています。

 

 



URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*

Return Top